求められる自己管理


お財布一般的には最初の1回のみの利息ゼロ特典を活用し、無事に期限内に全額返済を終えれば、消費者金融という存在が、一気に身近な存在に感じられる事でしょう。世間で囁かれるリスクやトラブルの事例も、自分には無縁のルーズな利用者の話だという感覚と、手軽に現金調達が叶う便利さから、ATMと自身の財布を混同してしまう人は、残念ながら少なくありません。

こうした事態を回避するためにも、キャッシングサービスの活用は、あくまで緊急時の切り札と捉えておくべきであり、基本的には自己所有の現金と預貯金の中でのやりくりができるように、計画的に準備しておくことが大切です。それでも結果としてお金が足りない、あるいは時間的余裕が無く、その場での現金確保が求められるなど、切羽詰まった場面での必要最少額での利用に留めておくようにしましょう。

軽い気持ちでの少額の借入が習慣化してしまい、気づけば膨らむ利息と収入額を超えた借入額から経済的に破綻されてしまう人は多く存在します。銀行など各金融機関も、こうした破綻者を抑制すべく、貸付額の縮小や審査基準の厳格化を検討しているとの報道も、既にご存じの通りです。消費者金融と自己管理は切っても切り離せない事を、この機会に再認識しておくようにしましょう。